スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

外伝。マリアさん13号。

あんまし更新してないんで、1年くらい前になんとなく書いて3人くらいの人に見せたことのあるお話を出してみたりします。ごめんなさい、ビームではないです。そしてちとエロいんで、そういうのんアレな方は以降を読むのはご遠慮くださいませ。
三千院邸。昼下がり。突如として勃発する口げんか。ハヤテくんとわたくしたちのマリアさん。


「どうしてわからないんですか? 今日のお夕飯は肉うどんだって、おとといからずっと言ってたじゃないですか!?」

「でもねハヤテくん、せっかく偶然にもこんなにおいしそうなお魚さんが釣れたのですから、今夜はこの活け作りにするのが妥当だと思うのですよ? お魚のほうがヘルシーですし、ねっ。それに肉うどんなんて、いつでもできるモノじゃないですか!?」

「いいえ、今日は絶対肉うどんなんですぅー。天地神明に誓って肉うどんしかないんですー。」

「どうやらハヤテくんには、自分が間違っているということを身を以て知っていただく以外に手だてはないようですわね・・・。」


そんなん感じでマリアさん、最近牧村さんをうまい具合にたぶらかしてりしてパワーアップさせておいた秘蔵のロボット・執事13号を召喚されたり。13号、彼は出現するなり無駄にカッコヨク語る。

「フフフ、ボクが来たからには、あなたの好きにはさせませんよ。今日は何があっても活け作りなんです!」


一方ハヤテくん、全く動じず。そればかりかなんだか面妖な微笑みを浮かべつつ、彼もまた何やら召喚してみたり。


『マリアさん13号』


・・・そう、実はその日のお夕飯を肉うどんと決めたときから、こういうことになってしまうのはハヤテくんからしてみれば想定済み。問題は、この修羅場を迎えたときにどう勝ちにイクかということ!!

そこで彼が出した結論、それは、マリアさん型ロボットを差し向けること。

しかし彼個人には技術、財力ともにまったくといってないわけで、従って咲夜お嬢をちょろっとおだてて、急遽造ってもらって今朝方搬入したのがいま目の前にある『マリアさん13号』







「さあマリアさん13号、先手必勝だ!! 相手が怯んでる隙に、ホラあれ、おっぱいミサイル!!」

・・・しかし、出ない。咲夜お嬢にロボをお願いしたときに、血の涙を流しながら必死んなって頼んでおいた必殺兵器・『おっぱいミサイル』が、全然でない・・・。


おかしい。いったいこれはどういうことか・・・。


すかさずハヤテくん、マリアさん13号の胸の服とかひんむいて、いったいどうなってるのか確認する。

で、そこにあったのが、なんちゅうかその、オパイ。ていうか、フツーの女性のオパイそのもの。比較的大きめ。



・・・と、ここで読者の方々には、真実を告げておかねばなるまい。そう、このマリアさん13号とは、咲夜お嬢自身がハリボテかぶってなりきっちゃってるものだったりするのだ!!

彼女もナギお嬢と同様、もっさりお金を持ってはおるわけなのだが、どうにも時間が間に合わなくて、しかし今更断り入れるなんてのはとてもプライドが許さないし、そういうわけで苦肉の策、自らロボを演じて見せていたのだ!!


・・・
さて、そういう裏事情があったわけだがハヤテくんったらそおんなこととはつゆ知らず、そして生オパイ見てもそういうことには気がつかず、まだロボであると信じ込みつつ命令したり。

「もういいよ、おっぱいミサイルいいから。さっさと肉弾戦で奴に目に物見せてあげなさい!」



で、肉弾戦。マリアさんを想定してつくっていますロボですから、ハヤテ型ロボなんかよりも百億兆倍くらいつよいことはもはや間違いなしなハズ。しかし実際のところフツーの人間・マリアさん13号こと咲夜お嬢、胸さらけだしたまま執事13号と格闘開始。とにかくがんばる。ここでバレるわけには決していかない。

執事13号、敵のウィークポイントはむき出しの乳と判断。そこに攻撃を集中する。具体的にはひたすら揉む、揉む、揉む!! あとたまにつまむ。

「あ、ああーああああああぁぁぁぁあぁあーん」

妙な声を漏らしてしまうが、それでも咲夜お嬢、負けない。義務を果たし終えるまで、倒れるわけにはいかない。必死で耐える。んもう、耐える!!



・・・こうしてしばらくつづく、喘ぎ声ばかりが異様に響くめっさゆったりとした戦闘。見ているうちにマリアさん、ちょっと変な気分になっちゃったりして、顔がほんのり赤くなったりしてきてて・・・。

ある瞬間、真っ赤になったマリアさん、急に声を張り上げハヤテくんを挑発。

「こ、こここのままでは、とてもラチがあきませんわはあぁあ・・・。やはり代理戦争なんて間接的なことなどやめて、直接、いきますわよ!!」

そうしてさりげなく胸を主張しながらハヤテくんに組みにかかられるマリアさん。

ハヤテくんもそれに応え、今まで執事13号がやっていたのと同じように、胸に集中攻撃をかける。んもうもむももむもむもむ。たまにつまむ。


「はふーん」







[おわり]

テーマ:自作イラスト(二次創作) - ジャンル:アニメ・コミック

23 : 07 : 18 | 雑記とか | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<アニメの11話にマリアさんビーム。 | ホーム | 連載221話にマリアさんビーム。>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://killernyancon.blog120.fc2.com/tb.php/98-3b3e973d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

カウンター

プロフィール

nyancon

Author:nyancon
木曜日:連載。
あとはてきとーにやってます。アニメは気が向いたらネタにします。Hail and Kill.
リンクフリーですが、こっちからのリンクはコメント等で互いに良く知り合ってからにします。

カレンダー

09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

最近のコメント

掲示板の新着

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。